読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杓子定規な話だなぁ

文部科学省は「特段の理由がない限り、内閣告示で定められた訓令式で教えること
>になる」

この訓令式ってのは「ローマ字入力の時に「(アイウエオを除いて)必ず2ストロークで入力でできる」以外のメリットはなく、世の中に出ての実用性は全く皆無。
これを教える必要ってどこにあるんだろ??

日本語ってのは表記・表現が難しくて
訓令式は外国人に間違って発音されやすく、
こんなものではない。ヘボン式でもよく間違われる。
例えば「饅頭」これをヘボン式で表記すると 「Manju(uの上に横棒)」もしくは
「Manju」となるが、これだと外国人は「まんじゅ」と発音するわけですわ。
それじゃ「文殊(Monju)」と一緒。 だから文語で表現する際に、私はわざわざ
「Manjyu」と書くことにしております。これだと外人は「まんじゆぅ」と読みます
から少しはニュアンスが伝わるかと。

PC-VANというパソコン通信の中にQLDという画像圧縮ユーティリティがあり
その開発者のハンドルネームが「魔女」だった 彼は既にバイク事故で亡き人と
なったが(本名は:円山 裕)彼のログインネームは「Majyo」だったことから
彼も外国人とたくさんコミュニケーションしていて、その弊害に気付いてたんだろ
うなぁと思ってみたりね。
---------------------------------------------------------------------------
ローマ字「ち」表記で児童混乱
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4487525

 2020年度から実施される学習指導要領改定案に基づき、小学校のローマ字教育が従来の国語だけでなく、新たに教科化される英語でも始まる。ローマ字には「ち」を「ti」と表記する訓令式と「chi」と書くヘボン式があり、使い分けに混乱する児童もいることから、教育現場から「どちらかに一本化してほしい」との声も上がっている。

 ローマ字は小学3年の国語の授業で習うことになっている。読み書きのほか、情報通信技術(ICT)教育の一環として、コンピューターで文字を入力する操作を学ぶ。これに加え、20年度からは小学5、6年で教科化される英語でも「日本語と外国語の違い」に気付かせることを目的に、ほぼ母音と子音の2文字で構成されるローマ字について学習することになった。

 学校では現在、ローマ字を原則的に訓令式で教えている。しかし、名前や地名など実際の表記は圧倒的にヘボン式が多く、国際的な身分証明書となるパスポートもヘボン式だ。使い分けに困惑する児童もおり、教え方に悩む教員も少なくない。

 2月に新潟市で開催された日本教職員組合の教育研究全国集会でも、ローマ字について小中学校の教員から「いつヘボン式を教えればいいのか」「ヘボン式を教えると子どもが戸惑う」などの意見があった。兵庫県の中学校に勤務する女性教諭は「訓令式ヘボン式の2通りあるから子どもが混乱する。学校で教えるローマ字はどちらかに一本化すべきではないか」と話した。

 これに対し、文部科学省は「特段の理由がない限り、内閣告示で定められた訓令式で教えることになる」としている。

 ローマ字教育に詳しい清泉女学院大の室井美稚子教授(英語教育)は、訓令式について「日本語の音の大半を母音と子音の2文字で表すことができ、読み書きがしやすい」と利点を挙げたうえで「日本語の音に対応しているヘボン式と混同する恐れはある。訓令式は外国人に間違って発音されやすく、自分の名前や地名はヘボン式で書けるように指導する必要がある。自分で名刺を作製するなど楽しい活動を通じて練習させるべきだ」と指摘している。【伊澤拓也】

 【ことば】ローマ字
 ラテン文字で表記された日本語。16世紀にはポルトガル式、18世紀にはオランダ式のローマ字がつくられたが普及せず、幕末に来日した米国人宣教師ヘボンが考案した英語風のヘボン式が一般的に知られる。さまざまな形式が混在したローマ字を統一するため、昭和初期に文部省(当時)がほぼ母音と子音の2文字で構成する訓令式をまとめた。1954(昭和29)年の内閣告示で現在の訓令式のつづりを正しいローマ字として定める一方、ヘボン式の使用も認めた。

かくかくしかじか。

バイト先のおじさんが、



俺、今月の26日誕生日なんだ。


なんかちょーだい。


と言ってきた。




何故、私にそんなことを言う!



何が欲しいのさ?



聞いてみた。



すると、




新しい職。




と、言った。





・・・・・・。





それをもう一人のバイトのお兄ちゃんに話した。




そしたら、G-SHOCKでもあげれば?




って言う。





えー!なんでそうなるのよ???




と思っていたら、




新しいショックだって。

新しい職が欲しいって言ったんでしょ




だとさ。






この子、頭の回転が速すぎて、

毎回こんな会話になるん。




ちくしょう!

このノリに しっかりと付いて行きたいぜ!



で、この記事をちょうど見つけたので読んでみた。



値段の高さにSHOCK。



駄洒落の為だけに、こんな高いの買えなーい。

忘れ物

今朝5:30に起きて、6:00すぎにはサッカーの試合に出かけて行った息子。

今みたら、ユニフォーム忘れて行ってます。
試合、出られないじゃん。
届けてやればって?
試合会場、高速のって御殿場。私、午前も午後も用事ビッチリ。
そして第一試合の開始時刻、9:00。

支度は自分でさせますが、私もなんとなく見てはいるんですよ。
昨夜見たのは、身につけるもの一切遺漏なく、引き出しから出して一カ所に置いてあるところ。
今朝見たのは、同じ場所に、いつものバッグが膨らんで置いてあるところ。

この状況で誰が、「ユニフォームだけが別室の隅っこにグシャッと落ちてるかも! 確認しなきゃ!」と考えますか…。
何を思って、わざわざ別室に持って行ったんだろう。
もうどうしたら良いんだろう、なんか病気だろうか。

「全部入れた? ユニフォーム、すね当て、ストッキング留め、スパイク」
と、忘れがちな小物名(↑これらを忘れるんじゃ、何しに行くんだ…)をコールするのも習慣化していますが、当たり前になりすぎているのかも知れません。
私も自分の目で見たいのをグッとこらえて「うん大丈夫、全部入れた」と言われれば心を鬼にして?信じるし。
「もう一回確認するね!」と再度広げてしまって入れ忘れるパターンもありまして。

低学年の頃は「男の子なんてそんなもんだよー」と笑ってくれていたママたち(それでも他の子はそんなに忘れ物ばかりしない)も、だんだん「あのね、今日息子くんね…」と、気の毒そうに教えてくれるようになってるんだ。
なんだろう、何がみんなと違うんだろう。私が全部やってあげないと駄目なのかな。

僕と世界の方程式

f:id:monrorosary:20170312212318j:plain

『僕と世界の方程式』エイサ君の繰り返し顔に触れる所作や重心が感じられない歩き方や肩の緊張といった細かい身体演技が素晴らしい。オーガニックとデジタルが融合した静かに煌めくようなスコアがいいなと思ったらMEARLじゃないですか!(ピーキー・ブラインダーズのスコアを手がけている)

予想よりだいぶキツいおかあさんつらい映画だった。また男の子とお母さんだよ…「踏み込める」男の人や子どもたちと違って「踏み込めない」サリー・ホーキンスのお母さんが辛すぎてちょっと冷静に見られなかった。

 

35歳で独身で。その1

昨年年末、社内で若い女の子二人がクリスマスの予定なんかを楽しそうに話していたので、なんとなく聞き耳を立てていた。

何やら女性をクリスマスケーキに例えて、女のピークは24歳!その後は安売りされる、、、と言う話で盛り上がっていた。

なるほど、上手い事言うな。
と感心しながらカレンダーを思い浮かべると・・・

あれ?

35歳の私って12月にいないよ??

というか、西暦跨いでるよ??

お正月休みとかも過ぎて、もう普通に出勤してる?

35歳ってそういう歳なのか・・・安売りどころか、年末セールも初売りも終わってた・・・

なかなかのショックを受けたが、しかし、逆に考えてみようではないか。

35歳の今は通常営業。
お祭りではなくて、本当にケーキが食べたい人が買いきてくれるハズさ、と。

(この日記もジョーク日記です)

そこは時間が解決してくれるでしょう

回線が不安定でアクセスできない、画像がカクカクする、という懸念はあるみたいで、
きっとそういうトラブルは起こるだろうけど、これは時間が解決していってくれる問題でしょう。
ほっとけば解決するってんじゃないけど、このテの技術は日進月歩だ。
もともと携帯電話だって、地下じゃ電波が届かないとか、
人が多いところではつながらないとかトラブルだらけだったけど、
今これらの不具合を聞くことはほとんどない。
地下鉄の中でもスマホは使えるし、コミケでだって電話使い放題だ(笑)。
必要と思ったときの人間の創意工夫と行動力は、とてものこと尋常じゃないよ。


それにこれから先、どうやったって映像はネットの方が主力になっていく。
「ネット環境さえ整っていればいつでもどこでも」って、ものすごいアドバンテージだ。
これまでの受像環境からすれば、新しくアンテナやケーブルを設置して環境を整え、
なおかつ見られるのはつなげた受像機(テレビ)が置かれた場所だけ。


さらにケーブルなどは番組表で時間割された指定時間にしか見られないが、
おそらくネットの方では、ライブ映像以外はいつでも過去の試合が見られる。


現状のアドバンテージは「安定感」「画質」などになるだろうけど、
さっき書いたように、技術の進歩でそこが肉迫され、並ばれれば、
なかなか対抗するのは難しい。


あと個人的には「つながらない」とか「カクカクする」などはさすがに気になるけど、
画質の悪さなんてのはほとんど気にならない性質です。
というかサッカー観戦で最高の環境はスタジアムなんだから、
「一番」を求めるならそこへ足を運ぶだろうからね(笑)。
「画質」もこれ以上のものは求められず、「臨場感」は明らかに大きく上回るものね(笑)。

あ! 3時過ぎてる!

もう始まってるんですね、プレミアムフライデー運用(?)。
導入企業の皆さん、終業してますかー? 帰ってますかー???

もちろん職場によっては不可能だったり逆に忙しくなったりするとは思うんですが、そういう人たちにプレミアムフライデー手当が出たりするくらいまで景気が上向くと、世の中ウハウハ…って考えで、良いのかな。

ハッピーマンデーだっけ、祝日法改正で3連休が増えたときも、そんな理由で祝日ってズラして良いわけ?と、だいぶ私はイヤだったのですが、あの経済効果って、それなりにあがっているんでしょうか。
だけど、あれの適用される祝日って、年間たった4日ですって。
みどりの日やら何の日やらと連休が増産された印象に引っ張られていましたが、言われてみれば確かに…の、「成人の日」「海の日」「敬老の日」「体育の日」のみなんですね。
それでも「ああそうか、祝日はいるから3連休だね」と、慣れてしまった感じです。

月末の金曜といったら、年間12回。
ああプレ金だから早く帰れるね!って空気に、そのうちなっていくかなぁ。

まぁいずれにしろ先立つものに余裕がないと、経済に貢献なんてできないんだよな。
高度経済成長期って、週休2日ですらなかったわけでさー。
ああいう需要と供給の明確な時代じゃないからこそ、違うアプローチなんでしょうけどね。

プレミアムフライデー、嬉しくない人34%!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=29&from=diary&id=4448062